2015年10月07日

チビガードの生きる道 その2


  大事なこと

     「成りきる!!」こと


   *****   ***** 


  身長168cm。
  高2のシューティングガードです。

  仕事はもちろん、
  アウトサイドシュートを決めること。

  ですが…

  入りません。3P…

  届かないでエアボールになることも。(汗)
  どうすれば3Pが入るようになりますか?
  教えてください!

  ( コウキ 高2 )



   *****   ***** 


   《ノーマルな方法》

 コウキ君。
 まずシュートの距離を伸ばしましょう!

 そのためには、「手打ち」をやめて、
 下半身を中心とした全身でうつことを
 心がけてください。

 無理にジャンプシュートは
 しなくていいです。


 セットシュートでも、
 相手をかわせば入ります。

 背の低いプレーヤーが
 ジャンプしようが、しまいが、
 相手にとっては
 あまり意味はないのです。

 全身を使った柔らかいシュートを
 何本も練習してくださいね!



   *****   ***** 


  《「チビガ」のスペシャルムーブ》

 コウキ君。

 ◎あなたはどんなSG
 (シューティングガード)に
  あこがれていますか?

 ◎どんなSGになりたいですか?


 さぁ、紙に書いてみてください。


 世界には素晴らしいプレーヤーが
 たくさんいますよね。


 そんなプレーヤーを「モデル」
 として真似てみましょう!

 ⇒ 例えば、

 【タイトなディフェンス相手に
   決めれるSGになりたい!】


 とします。

 心の中には、
 キャブスの「JRスミス」
 浮かんだとする。

 
 そうしたら、
 JRスミスの

  ①動きをよく観察

  ②頭の中で自分がJRみたいに
   シュートうっているのをイメージ

  ③リングに向かって
   ボール無しでリハーサル



 ここまでを入念にやる!!



 ボールを持つ前に90%が決まる

 最後に
  ④シュートが届く距離でシュートしてみる

 この過程をやります。

   
    images.jpg



 要は、
 【自分で動きを作らないで、
     身体に任せる】


 イメージしたものを、
  細胞の一つ一つが覚えて、

 「勝手に」動くのに任せる、
  のです。


  細胞の一つ一つが「JR」になっている!


 そのためには、①~③までの、
 ボールを持たない練習に
 時間を割いてください


 やってみればわかります!


 
 私はこの方法を、
 「今までと違うプレイスタイルを
  試したい」という
 プレーヤーに勧めています。


 コウキ君。 
 イメージのチカラは強力です!
 
 健闘を祈っています! v(´∀`*v)ピース


 PS: 「イレズミ」は… 
     マネしなくてもいいかな? (^ω^)


     -------     -------  

 成長するには、

   今までと違った方法を試す!






 
posted by いったつ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | +チビガード | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック