「へぇ〜〜〜〜」と思ったら→ プッシュ!! 人気ブログランキングへ
     *****   *****
   「弾丸バスケ??」 教えます(^ω^)
     *****   *****

2015年09月11日

小さいセンターの生きる道 その7


もし…

1Q平均攻撃回数が20回から
26回に増えたとしたら…

あなたのチームの得点力は30%アップグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

します。



 よく「リバウンドを制する者は 試合を制する」
 と言われますよね。

 〔シュート落ちる〕→〔必死にディフェンス〕→〔速攻〕…

 この大変な行程を

 【オフェンスリバウンド】 1本取ることで…

 〔シュート落ちる〕→〔オフェンスR〕→〔パスアウト〕…

 実に省エネで得点チャンスをつくることができる のです。



 【オフェンスリバウンドのとり方】

背が低いチームの攻撃の主体は、
「アウトサイドシュート」になります。

ミドルレンジ〜3Pエリアからのシュートがほとんどです。

なので…

シュートが落ちたとしたら、
リバウンドは遠くに跳ねますよね?



ってことは、リング下でデカイ奴等と
ガツガツッ 争わなくてもイイのです。


  img015.jpg
 
 [左45度からうったシュートは半分近くが対角線上の右45度に落ちる〕


「チビセ」がやることは、

 @ 相手より早くリバウンドモーションに入る
   (予測・ポジショニング)

 A 相手をできる限り中に抑え込む

 B 落ちたシュートの1/3取れればOKと考える



これだけです!
posted by いったつ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | +小さいセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425763480

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。