「へぇ〜〜〜〜」と思ったら→ プッシュ!! 人気ブログランキングへ
     *****   *****
   「弾丸バスケ??」 教えます(^ω^)
     *****   *****

2015年09月09日

小さいセンターの生きる道 その6


今日は ローポストのポジショニング について。

前に「チビセ」の得点エリアを紹介しました。 → ココ

「チビセ」は基本的に、

 ローポスト → パワープレイ
 
というプレイを選択しません。

もちろん、不利だからです。


  img013.jpg


通常、上図のようにポストマンはペイントエリアに沿って脚を開きます。

 この場合、ディフェンスが後についてくれたらいいのですが、(パターンA)
 だいたい、体半分ポストマンの前に出してパスを阻止します。(パターンB)
 こうなると、ポストへのパスは難しくなりますね。



  「チビセ」の常識

  img014.jpg


  「チビセ」はペイントエリアに沿ってではなく、
  パッサーと垂直にポジショニングします。
  
  手を広げたときに、パッサーから体が一番大きく見えるように、
  パッサーの位置によって、向きを調整しましょう。

  これなら、
  デカイ相手が半分覆いかぶさってきても、パスは入ります。(パターンC)
  もちろん、ディフェンスが後についていても同じです。(パターンD)



 「チビセ」は、
 
  ローポスト → ポップアウト → シュート

 というプレイを選択します。
posted by いったつ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | +小さいセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。