2015年09月09日

小さいセンターの生きる道 その6


今日は 
ローポストのポジショニングについて。

前に「チビセ」の得点エリアを紹介しました。

「チビセ」は基本的に、

 ローポスト → パワープレイ
 
というプレイを選択しません。

もちろん、不利だからです。


  img013.jpg


通常、上図のように
ポストマンはペイントエリアに沿って
脚を開きます。


この場合、ディフェンスが
後についてくれたらいいのですが、(パターンA)

だいたい、体半分ポストマンの
前に出してパスを阻止します。(パターンB)

こうなると、
ポストへのパスは難しくなりますね。



  「チビセ」の常識

  img014.jpg


「チビセ」は
ペイントエリアに沿ってではなく、
パッサーに対して垂直にポジショニング
します。


  
手を広げたときに、
パッサーから体が一番大きく見えるように、
パッサーの位置によって、
向きを調整
しましょう。

  これなら、
  デカイ相手が半分覆いかぶさってきても、
  パスは入ります。(パターンC)


  もちろん、
  ディフェンスが後についていても
  同じです。(パターンD)



 「チビセ」は、
 
  ローポスト
    ↓
  ポップアウト 
    ↓
  シュート

 というプレイを選択します。


posted by いったつ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | +小さいセンター | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック